カテゴリー: 未分類

カテゴリー: 未分類

Category : 未分類

社会的背景

核家族化がすすみ、世帯間で物理的距離的、および、心理的距離が現代以前の社会に比べて大きくなっている傾向にある。地方の若者は都市部へ流出し、地方の高齢者世帯は核家族化した。都市部へ流出していった若者もいつしか加齢し、子育てが終われば核家族化する傾向にある。よって世帯の構成員が極小化し、高齢化した夫婦において、パートナーの死は一人暮らしへの呼び水であり、高齢化した肉体ではそのパートナーの遺品を1人では整理しきれなくなっているのが現状のようだ。よって、自身の死に際してパートナーへの極端な負担をさけるため死を迎える前から事前に準備をはじめる終焉をむかえる活動、つまり「終活」が注目を浴びている。以下ではそれらの定義や意義と、今後のあるべき姿について考察する。

終活とは?

「人生の終わりのための活動」の略で、人間が人生の最期を迎えるにあたって執る様々な準備やそこに向けた人生の総括を意味する言葉である。日本の総人口は、第2次世界大戦後増えて高度経済成長を支えてきたが、2010年をピークに下がり始めている。しかし高齢者(65歳以上)の人口はそれ以降も増え続けた。総務省統計局[1]のデータによれば、第2次世界大戦終戦直後は高齢者の割合は5%程度であったが、漸次増加し2035年頃には日本の人口の約3の1を占めるようになる。 日本の社会は、他国とは比較にならないほど急速に少子高齢化が進み、近い将来、団塊の世代が大挙して介護を受け、そしていずれ鬼籍に入る。そのため現代では高齢者の間では、周囲に迷惑をかけずに人生を終わるための準備する必要性が増した。20世紀初頭のように子供が多くて10人という時代には、分担して親の老後の世話や故人の後始末を行うことができたが、現代のように子供1人が珍しくない時代には、子供へ大きな負担はかけられない。そのため社会現象として“終活”が広がっている。

出典:wiki

 

遺品整理(いひんせいり)とは?

故人の残した品(遺品)を整理すること。遺品処理、遺品処分ともいう。遺品はいわゆる遺産の内でも動産など物品全般を指すが、こと故人が生前に使用していた生活雑貨や衣類・家具・家電製品など古物としては財産価値の薄い物品も含まれる。故人の遺品を遺族で分け合うことを形見分けと呼び、急な出来事の場合、あるいは借家や賃貸アパートなど賃貸住宅を明け渡さなくてはならないような場合は、葬儀などの法事が終わってから、直ちに遺品整理・処分にかかることが多い。日記・手紙・手帳(住所録やメモなど)・預金通帳などは、1年から2年程度は必要になることもあるので保管し、その他の家具や箪笥などの家財道具は福祉施設に、書籍などは地域の図書館や学校などに寄贈されることもあるが、中には引き取り手のつかない、あるいは財産としての処分を行うこともできない物品もある。

出典:wiki

実際に整理を行うのはプロに任せる

さて、上記の定義をみれば、作業はそれなりな肉体労働を含むことが明白だ。よって、高齢者がコツコツと作業を進めたとしても、自身たちではまかなえきれないほどの労働量に達するだろう。昨今ブームになった「断捨離」は年齢を問わないコンセプトであるが、遺品整理、生前整理、終活は、どちらかと言えば遺言を書くかのごとく、自身の死を明確に意識して着手する行為だ。始まりがあればいつか終わりが来る。

その終わりをより穏やかに迎えるための準備を手伝いするのが最近、これまた注目を集める便利屋というプロフェッショナル集団のようだ。例えば京都にあるハギワラ工房は便利屋として活動しているが、遺品整理も専門的に行っているようだ(京都の遺品整理.net)。まだ生前整理を専門的に手伝う集団の存在はそれほど認知されていないが、たとえば遺言作成の手伝いを専門的に手伝う弁護士がいるように、生前整理を滞りなくスムーズに行うための手伝いをする遺品整理、生前整理を専門的に行うプロフェッショナル集団がいる


最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー